So-net無料ブログ作成

ASKAは、いったん死んで!生前葬をヤレ! [J-POP]

今日、古新聞の整理をしていて、2014年4月18日、ASKA逮捕の朝日新聞朝刊を
つくずくと読み返してみました。

間違いなく、もう、再起はムリですね(>_<)

理由は、しゃぶに漬かっていた期間が長すぎること。
2009/01に無期限で活動を休止したが、このころ以前に、
ChageがASKAに対して「自分をタイセツにしろよ」と
警告を発していたというじゃあないか!

しかも、自分の子どもの家庭教師の学生をつかまえては、
「コレを飲むと天国へいけるよ」などといって、
シャブを勧めたり、息子も父親の奇行に辟易していたという。
奥さんも、意を決して、今回の逮捕劇には、警察に全面的な協力を惜しまなかったという。

麻薬を7,8年も日常的に使用していたとすれば、
これを抜くのは容易なことではない。
その証拠に、清水健太郎を見よ!
何回逮捕されていますか?!
7回くらい逮捕されているうちに、いつのまにか還暦を迎えてしまった(>_<)
もはや、廃人同然です。

ASKAも、裁判が終わって、首尾よく執行猶予が付いたら、
いったん死んだことにして、生前のお葬式(生前葬)を出して、
再出発するくらいの決意がないとだめだね。

ASKA同様、気がやさしすぎたプレスリーも、
麻薬のやりすぎで、1977年8月16日、42歳の若さで死にました!

安全地帯の玉置浩二や、乾杯の長渕剛のように、
もっとずうずうしく生きないとね。
彼らは、こういっていますよ。
「オレのCDが売れないのは、俺のせいじゃあない。
買わないやつらがバカなんだ。
オレ様のこのスゴイ音楽が分からないのか!バカや郎!」
とね。
ずうずうしさを通り越して生きております。
玉置なんか、薬師丸ひろ子や石原真里子を捨てるときも、
まさに、タバコをポイステするがごとくあっさりと!だもんね。
やり方、生き方がすごいよ、
ASKAに見習えといっても、ムリだろうなあ。
ずうずうしかったら、あんなデリケートな歌詞や歌唱はできなくなるもんね。

天はニ物を与えず、か(/ヘ ̄、)グスン









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。